AppleとlifeHackと人生と・・・

lifehacker.jpライター。happy-applelife管理人。僕の行動でちょっとでも世の中をよくすることができたら、ちょっとでも誰かHappyにすることができたらうれしいです。




将棋 の検索結果:

「40歳からの適応力」読了

…者が羽生善治。そう、将棋の羽生さんです。 今年に入ってから将棋はまっていることもあり、将棋関連の本は「まんが 将棋入門」、「勝負」に続いて3冊目。 といっても、前2冊は将棋のことがメインも書籍ですが、今回読んだ「40歳からの適応力」はタイトルから分かるように将棋の話というよりも、40歳の心構え的な内容でした。 羽生さんの書籍は結構発売されている中であえてこの本を選んだのは、タイトルに惹かれてでした。 僕も今39歳で、40歳手前。そろそろ40歳になる心の準備をしておく意味で読み…

Apple Store心斎橋のワークショップにいってきました

…前の「38歳にして、将棋にハマる」でも書きましたが、将棋が面白くてしょうがない。将棋の入門本を購入しましたし、「将棋ウォーズ」というアプリで、一日に無料で遊べる限界の3回きっちり対局するほどにハマっています。 それほどハマっている将棋なので、将棋に関する情報にも敏感になっていました。先日、Apple Store心斎橋で、プロ棋士の遠山雄亮さんが司会を務める「iOSアプリケーションで将棋を楽しもう」というイベントが開催されるという情報を目にし、さっそく申し込んで家族でいってきま…

38歳にして、将棋にハマる

息子が学校のクラブで将棋を覚えてからというもの、事あるごとに「お父さん将棋しよ!」と言ってきます。 僕は自慢ではないが、38年間、将棋を指したこともなく、ルールも知りませんし、覚えようとも思いませんでした。正直NHKの将棋番組など、「何がおもしろいんだろう?」と思っていましたし、麻雀のほうが100倍おもしろのに、なんて思っていました。 で、息子からなんど何度か誘われても、今更ルールを覚えるのがめんどくさいし、そもそも将棋に対して魅力を全く感じることがなく、適当に断っていました…