42歳、AppleとlifeHackと人生と・・・

lifehacker.jpライター。happy-applelife管理人。僕の行動でちょっとでも世の中をよくすることができたら、ちょっとでも誰かHappyにすることができたらうれしいです。




20年前、二十歳だったんだ。

f:id:dosakeng:20150502221412j:plain

 

 

ふと、20年前の1995年って、二十歳だったんだなあと思った。

 

なんとなく入った高校を卒業し、なんとなく専門学校に進学したのだけど、なんとなく流されて生きていることに不安、焦燥感を感じて、突然大学に行こうと思いたった。

専門学校を一年で退学し、予備校に通い、一年間必死に勉強した。

無事第一志望の大学に合格し、京都で学生生活を始めた。

 

1995年。

阪神・淡路大震災があったり、地下鉄サリン事件があったり、世の中を揺るがす、価値観を揺るがすことが起きた年だった。

 

僕は二十歳で、希望と不安を心に持ちながら、大学生活を始めていた。

20年前の今頃、僕は何を考え、何をしていたのだろう。

 

大学生活が始まり、一ヶ月が過ぎ、友達ができ、サークルも入っていたのかなあ。

人生で初めてかんばって、自分の力で掴んだ大学生活。

そんながんばって入った大学だったので、充実した4年間だった。

 

あの頃、20年後のことなんてまったく想像できなかったし、1999年で世界は終わると思っていたし(笑)、40歳になった自分がいるなんて、考えすらしなかったなあ。

 

でもまあ、気がつけばあれから20年が経って、僕は40歳になって、今も生きている。

 

そういえば先月、大学時代の友人に会った。

あれから20年が経ったんだけれど、彼女は、僕が知っている大学時代の彼女のままで、ひさしぶりにあったのだけれど、すぐにあの頃のように話ができた。

 

時は流れていて、止まってはいないのだけど、僕の中の彼女はあの時と変わらずにいる。

 

10年後、20年後、僕はどうしているのだろう?

そんなことを、考えてみてもいいかもしれないなあ。