読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳、AppleとlifeHackと人生と・・・

lifehacker.jpライター。happy-applelife管理人。僕の行動でちょっとでも世の中をよくすることができたら、ちょっとでも誰かHappyにすることができたらうれしいです。




20年。

20年前。

19歳だった僕は、予備校に通い、浪人生として大学を目指していました。

高校を卒業し、働きたくなくて、なんとなく専門学校へ進学し、一人暮らしを始めていました。

でも、専門学校は一年で退学しました。

突然、周りに流されて生きている自分の将来に対して、ぼんやりとした不安感が沸き上がってきて、大学にいこうと思い予備校に通い始めました。

 

あれから、20年。

20年前の今頃、大学入試を目前として最後の追い込みの時期だったと思います。

結果、京都の大学に入学することができましたが、予備校の先生に言われたことを今でも覚えています。

「君たちの大学合格の影には、関西で被災した苦しい条件のもとで大学入試に挑み、合格できなかった学生たちがいることを忘れないように。」

 

もし、あの震災がなければ、僕は京都の大学に合格していなかったかもしれず、決して自分だけの力で合格したんだと思うことはできませんでした。

 

大学時代、地下鉄工事の日雇いバイトで神戸市灘区を訪れたことがあります。たしか震災から1,2年は経過していたと思いますが、それでも壊れた街の状態にすくなからずショックを覚えました。

 

20年。

あれから、あっという間に時は過ぎ、僕は今39歳。

もう20年も経ったのかあ。

 

1995年は、世の中にも僕にとってもいろんなことがありすぎて、20年も前のこととは思うことができません。

ほんとついこの間のような。でも間違いなく時間は20年分過ぎているのですね。

 

20年間、いろいろありましたが、とりあえず今、僕はなんとか生きています。

広告を非表示にする