42歳、AppleとlifeHackと人生と・・・

lifehacker.jpライター。happy-applelife管理人。僕の行動でちょっとでも世の中をよくすることができたら、ちょっとでも誰かHappyにすることができたらうれしいです。




頭の中だけで考えない

f:id:dosakeng:20141025190022j:plain

 

僕は何事もよく考えるほうだと思います。

大概のことはすぐに決断をせず、まずはじっくりと考えてから決断をするようにしています。

熟考するのがいいのか、即断即決がいいのか、それぞれにメリット・デメリットがあるので一概にどっちがいいとも言えませんが、僕は熟考する方を選んでいます。

 

考える時に注意していることは、頭の中だけで考えすぎないこと。

それは頭の中だけで考えると、考え事が堂々巡りになりがちで、答えがなかなか見つからない場合が多いからです。

 

仕事のことなどで「どうしようかな?」なんて頭の中だけで考えていると、気がつけば同じことを何度も考えて、「Aという手もあるな、でもBという手もある、いやいやAだよな・・・」てな感じで堂々巡りになっちゃうんですよね。

 

そんな時に僕がするのは、紙に書き出すこと。

頭の中だけで考えずに、紙に考えていることを書き出す。課題を見える化して、比較検討をします。

頭の中から出してやるだけで、課題がはっきりしますし、堂々巡りすることも少なくなります。

 

この方法が特に有効なのは、不安なことを考えている時。「この問題、どうしよう?」なんてことを頭の中だけで考えると、ダメになることを考え、不安だけが増幅されていきます。

でも、紙に書き出すことで、問題が見える化されることで安心します。それから書きだした不安、問題を客観視することで、無駄に不安が増幅することもなく、落ち着いて対策を考えることができます。

 

"考える"という行為が、頭を使ってやるというイメージがありますけど、僕の経験上、頭だけで考えるとなかなか答がでなかったり、不安だけが増幅されたりがち。

 

そんな時は、紙とペンを用意して、頭の中から考えていることを書き出してみることをオススメします。

そうすることで考え事がまとまりやすくなると思いますよ。