読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳、AppleとlifeHackと人生と・・・

lifehacker.jpライター。happy-applelife管理人。僕の行動でちょっとでも世の中をよくすることができたら、ちょっとでも誰かHappyにすることができたらうれしいです。




ひとりで抱え込んでしまう性格

f:id:dosakeng:20140604093422j:plain

 

基本、僕は何事もひとりで抱え込みます。仕事、悩み、人生・・・

ある時期まではそれでも何となっていた、何とかしてきたんだけれど、30代中頃かなあ、ひとりではどうしようもなくなることが起きました。

 

それまで僕は、根本的に自分以外の人に対して信用することができない人間でした。原因はこども時代の、他人が絡んでくることでの数々の嫌な出来事。それからすべての他人に対して気を許すことができない、信頼出来ない人間になりました。

親でさえもそう。表面的な付き合いで心の底から信頼はしていなかったと思います。

 

他人と距離を置くことで自分を守ろうとしていました。その結果、何事も自分ひとりの事としてとらえ、自分ひとりで解決するようになりました。

いい面だけをみれば、簡単に人を頼らず、自分の頭で考えられる強い人間。何事も自分に責任として取り組む、責任感の強い人間。

でも、同時にそれは他人を信用出来ない、自省の念の絶えない、生きづらい人間でもあります。

 

大学時代の友人に「君は謎が多い」といわれたことがあります。それは他人を信用しないから自分のことをあまり喋らなかった僕の性格が原因だったんだろうなあと、今にしてみれば思います。

 

ひとりで抱え込み、どうしようもなくなった僕が取った手段は、妻への相談でした。普段自分の弱さを見せない僕が、涙とともに弱さを吐き出しました。

僕の中では妻の存在が親よりも信頼できる存在になっています。血の繋がった親よりも血の繋がっていないけど一緒に暮らしている妻のほうが、今の僕には頼りになる存在です。

 

今でもひとりで抱え込んでしまう性格は、根本的には変わっていません。今も悩んでいることがあるのですが、ひとりで抱え込んでいる自分がいます。相談してみようとも思います。でも何を相談するんだ?、相談して何がわかるのだ?なんてことも考えてしまい、行動に移すことができません。

あまり考えすぎずに(何事も考えすぎるのが僕の悪い癖です)、行動を起こしたほうがとりあえず現状から動くことができる。

動いてみよう。ひとりで抱え込んでいても、悩みは堂々巡り、何も解決策がでてこない。でも現状から一歩踏み出してみれば、別の景色が見えるかもしれない。

 

ひとりで抱え込むには大きすぎる事に、生きていればどうしてもぶち当たってしまうものだ。そして今、39歳の僕はそれにぶち当たっている。

ひとりでもがいても、それは大きな事でひとりで答を見つけることができそうにない。

 

もっと自分を出して、話をしてみようか。