読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳、AppleとlifeHackと人生と・・・

lifehacker.jpライター。happy-applelife管理人。僕の行動でちょっとでも世の中をよくすることができたら、ちょっとでも誰かHappyにすることができたらうれしいです。




ライフハッカー新記事:Macユーザー必見!自分を集中モードにもっていくなら『QaLL』がオススメ(無料)

f:id:dosakeng:20131015112910j:plain

 

 

ライフハッカーに新記事をアップしました。

Macユーザー必見!自分を集中モードにもっていくなら『QaLL』がオススメ(無料)

 

僕の経験上、Macの前に座り、ネットがつながっている状態で、集中して物事に取り組むのって、かなり難易度高め。まずネットにつながっている時点でアウト。すぐググってしまったり、ひとつググってしまうとその単語から連鎖して他の単語をググってしまったり…そうやっていろんな情報にアクセスするが楽しく、気がつくと何時間も検索していたり。

また、今しなければいけないことから逃げるために、他のアプリケーションを触りだしたり。

Macというのは(パソコンというのは)、いろんなことができて、便利で、知的好奇心を刺激してくれるんだけど、そうであるがゆえに、気が散りやすい。そんなMacを使って作業をするときは、ほんと気をつけないとと思う。

職場でMacを使っていて、常にネットが繋がった状況にいるのだけど、職場にいるときは他人の目があること、自宅じゃなくて職場という場所にいることで「仕事モード」に入ることから、自然と集中できるんだけど、自宅だと難しい。

人の目がある、仕事場にいる、というのは、思っている以上に作業の捗り具合に関係している。

ということで、僕が自宅で集中したいときは、今回ライフハッカーで紹介している『QaLL』というアプリを使って、集中しやすい環境を作り出している。そうすることで、自宅でも集中モードにスイッチを入れることができる。

ちなみにその他にも、タイマーを使って時間を制限することで、締切を設けて集中力を高めたり、イヤーマフを使って静寂を手に入れて集中したり。自分を集中モードにするためのちょっとした儀式。

集中モードになると、時間あたりの作業効率も良くなるし、いいアイデアがでやすい。なにより有限の時間を有効に使える。

 

どんな人間にも平等に与えられているもの、それは時間。その時間をいかに大切に使うことができるか、それにはいかに集中すべきときに集中できるか、にかかっているんじゃないかな。

 

 

イヤーマフ A812

イヤーマフ A812