42歳、AppleとlifeHackと人生と・・・

lifehacker.jpライター。happy-applelife管理人。僕の行動でちょっとでも世の中をよくすることができたら、ちょっとでも誰かHappyにすることができたらうれしいです。




ぼーっとする時間

家族をもつと、一人の時間が極端に少なくなる。

もともと誰かと一緒にいたいという気持ちが少なく、非協力的な(笑)人間だったので、ひとりでいることが苦痛どころかひとりでいたくて仕方なかった。
結婚して家族ができて思うのは、いろいろと話せる人間がいることでかなり救われたことがあるし、こどもが成長していくのは、なにものにも変えられない幸せだということ。
でも、同時にひとりになって、自分に向き合うこと時間がないと、とくに僕のような人間はしんどい。

仕事に追われ、仕事になやみ、でもそのことにじっくりと向き合う時間がなく、ただただ時間は過ぎていく。
そして、じっくりと向き合っていないがゆえに、なにも解決せず、どんどん悪くなる一方。

ここ1、2週間はずっと仕事について悩んでいた。
でも、集中して悩むのではなく、何かをしながらこころに引っかかっている感じでいたので、普段の行動がなにか中途半端で消化不良気味だった。
例えば仕事でもミスをしたり、スピードが落ちたり・・・

でも、今日はひとりの時間ができ、ぼーっとお風呂につかったり、ぼーっと雑誌をみながら、眠くなったのでねてみたりすることができた。

すると、こころのひっかかりが少し消えて、楽になった。

ああ、自分の足りないのは、気持ちの余裕なんだ。
何をするでもなく、自然にぼーっとできる時間。

気持ちの余裕がない、というのは普段からわかっていた。
でも、「時間をつくってぼーっとしなければいけない」と考えてしまい、その「しなければいけない」が自分にプレッシャーを与え、できない自分を否定することで、さらに余裕のない状況に追い込むという負のスパイラルに陥っていた。

このところそんな状況が続いていたが、今日は自分に向き合う時間ができたことで、「しなければいけない」の呪縛から解き放たれて、自然にぼーっとすることができた。

迷い込んでいた暗闇から、やっと抜け出せそうな気がした。

広告を非表示にする