読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

42歳、AppleとlifeHackと人生と・・・

lifehacker.jpライター。happy-applelife管理人。僕の行動でちょっとでも世の中をよくすることができたら、ちょっとでも誰かHappyにすることができたらうれしいです。




「そもそも・・・」で考える

生きていると、いろんなしなければいけないことがあって、その目的を達成するためにいろんな手段がある。
例えば、売上を上げるためにキャンペーンを行う、とする。

「売上を上げる」は目的、「キャンペーンを行う」は手段。

でも、仕事でこの業務を行う時、当初は売上をあげるためにキャンペーンをやるぞ、と思っているのが、
作業が順調にすすまなかったりして時間が過ぎていくうちに、当初の目的だった「売上をあげる」がぼんやりしてしまい、
「キャンペーンを行う」ことが目的になってしまうことがある。

目的が手段化してしまう・・・

僕、これがよくあって、目の前の作業に集中するあまり本来の目的を忘れてしまって、とりあえず作業をこなすことだけに気がいってしまう。
周りがみえなくなってしまう。
そんな時の対処方法を2つ、最近読んだ本にこんなことが書いてあった。

1つ目。
「そもそも・・・」で考える。
そもそも、何のためにしているのか。忙しさのあまり周りが見えなくなった時、「そもそも何のためにその作業をしているのか」と今の自分からちょっと距離をおいて考えてみる。


2つ目。
「それは誰のため?」「それはなんのため?」と考える。
これも1つ目と似ているんだけど、その作業は誰のためにやる?その作業は何のためにやる?を、意識する。

そうすることで、前のめりになりすぎて周りが見えなくなっている自分を落ち着かせ、本来の目的を思い出すことができる。


忙しさのあまり、本来の目的を忘れて目の前の作業をこなすことに精一杯なって徒労感に襲われている人がいたら、ふと休憩して「そもそも・・・」「それは誰のためにやる?」「それはなんのためにやる?」と自分に質問してみてください。そして本来の目的を思い出してください。
何のためにやっているかがみえてくれば、徒労感もなくなり、気力も戻ってくるはずです。
そうすれば、まだまだがんばれます!